名古屋アポ 二十歳JD

某日、M駅

 

 

1ヶ月半ほど前にストで番ゲした案件とのアポ。

予定がなかなか合わなくてグダってて、これは死番かなと思っていたら向こうから何回か逆アポ打診されていたので、

実は食いつきあったのかと思いつつアポることに。

 

 

いままで即った子は圧倒的に年上が多い。

一方今回は1回り年下のJD

 

苦手意識を克服して準即を決めたいとこだった。

 

 

M駅エリアでギリギリLHがある銀時計側でアポることにした。

 

 

まずはカジュアルなバルin。

 

向こうは関西弁が好きということ。

こちらが年上なので、余裕のある振る舞いを意識する。

具体的には、あー、とかえー、という前置き言葉を使わないなど。

 

何があっても動じない男を演じる。

正直かなりエネルギー使った。

 

普段年上相手にアポをとっていたからだろうか。

1時間半ほどで退店し、カラin。

 

キス、ノーグダ。

 

 

ここじゃ口説けないから移動しようということで、

少し歩いてじゃっかん道に迷いつつもLHイン。

 

 

見事な早漏っぷりを発揮してしまった。

最後の最後で全く余裕のない男となった。

 

 

最初に騎乗位から入るのはやめておこう。

 

結果的に準即だが、精神的に満足できないような内容だった。

 

東京スト

夜行バスで新宿到着。

GTを狙ってスト。

 

4声かけ目でアニオタをネカフェ連れ出し。

ペアシート空いたおらず、シャワーだけして退店。その後カラオケいってギラつくも、手出すの早いグダ崩せずタイムアウトで放流。

 

反省

ネカフェでペアかシングルどちらを待つかと店員に聞かれたとき、早い方を案内してくださいと言ってしまった。

(このときペアは1組待ち、シングルは5組待ち)

予想外にシングルに先に空きがでてしまった。

そこは主体的にペアシートで待つべき。

そこでグダるようなら早い段階で放流でき、次のストに行けた。

 

ただ、カラオケグダがでたとき、マクドに流れずに理由をつけてカラオケで押せたのはよかったところ。

 

 

 

夜はコンパ

かなり酒を入れ、ゲームで盛り上がる。

しかし自分自身が潰れるという大失態をおかす。

 

復活してから新宿でソロスト再開するも、反応悪い。

これがアウェイの洗礼か。

1番ゲしたが、即ブロックされていた。

 

けっきょく精魂尽き果て、

始発で退散。

 

友人は即を決めていた。悔しい。

やっぱり地形を知るのは重要。

もっと予習を大事にしよう。

 

ナンパは準備が8割をしめる。

 

偉大なPUAの言葉だ。

名古屋スト

某日、栄

 

友人と夕方過ぎに解散したあと、ソロスト。

 

13声かけぐらいするも、ゼロ番ゲにおわる。

疲れてきたので帰ることに。

 

 

しかし電車の中でsluggerさん(http://slugger.hatenablog.com)という方のブログを読んでいると、何かアツいものが込み上げてきた。

 

名古屋のPUAのブログを読むのはこれが初めてだったかもしれない。

KYでストを続行することに。

 

すると10声かけほどして2番ゲ。

モチベーションは結果に反映してくると実感。

 

 

2人目の子は栄の家に帰るとこということなので、心配だから送っていくという口実で栄に一緒にいく。

 

しかし家の前で今日はいきなりすぎだからお家にはいれさせられないグダ。

 

あらゆるルーティンを駆使したが、崩せずにキスだけして放流。

まだまだPUAとしての腕が足りない。

 

 

 

これからどうしようかと考えあぐねていると、KYで番ゲした子からブーメラン。

飲み会が終わったとのこと。

 

俺もちょうど解散したとこだから今から二人で会おうというと、すんなり承諾された。

 

なので急きょM駅にむかう。

そこで合流し、1軒飲み屋はさんでからのカラin。

 

しかしキスグダ発生。

崩そうとするも、どんどん空気悪くなる。

どこで何を間違えたのだろうか。

合流後にスムーズなホテル打診をするべきだったかもしれない。

 

もうこれは崩せないと思い、3:30頃に放流。

そのままタクシーで栄に向かい、再度スト。

 

ほとんど和めず、坊主で始発帰り。

 

 

 

 

疲れた、、、

明確な目標を

定時で仕事を終えてからまたダラダラしてしまった。

ここの時間の使い方で今後の人生が決まるだろうに。

 

先週末は2日連続でアポ。

しかし2日とも即ならず。

 

 

前記事のランチアポ後に 軽くスト。

10声掛けほどしたが、0番ゲで終了。

 

 

2日目はドライブアポ。

半日かけて関係構築に努めたが、こちらもホテル打診はあっさり却下。

打診の前にキスクローズをしておくべきであったと後悔。

 

解散後に名駅付近でスト。

1声掛け目でいきなり連れ出し。

就活性。普段はキャバ系メイクっぽい。

露出度高めの私服らしく、ナンパはかなりされるとのこと。

バーで小1時間和んだが、結局そこからの進展はなく解散

もと恋バナでふ深く掘り下げていくべきだった。

全く心のつながりを構築できていなかった。

解散間際に粘って打診するも、だんだん険悪なムードに。

失う覚悟を持てていなかった。

そこは番ゲしてさくっと放流し、次のストに出るべきであった。

 

まだまだ精進しなければならない。

近況

 

4月より就職で名古屋に移った。

 

某日。昼アポ。12:30 栄

 

相手はリア友と2対2で飲んだときの片割れ。

イタリアンでランチ。

他愛もない話。

 

そこから父の日の買い物しようということでLOFTに移動。商品棚をみながら和む。

 

「今日は何時までいける?」

 

「あと1時間ぐらいかなあ。」

 

そのまま買い物だけして解散

 

反省

買い物を省いてカラオケ打診するべきだった。

1件目の和み中に何時までいけるかを聞くべきだった。

それをもとに今後の行動を決めていく。

 

常に即までの流れを意識しなければならない。

 

クラブナンパノックDay3 ~鉄は熱いうちに打て~

______________________________________________

 

「矛盾しているように思えるかもしれないが、

 攻撃的なチームを作ろうとすればするほど、

 相手からボールを奪うという観点で、

 守備的な規律やルールが必要になる。」

ジョゼップ・グアルディオラ

 

__________________________________________

 

 

火曜日 21:30 難波

 

G-MONKEYは1人でこの地におりたっていた。

ミスアダから仕事が遅くまで長引くとの連絡が来ていた。

 

いつも通りGIRAFFEに向かうか。

いや、そこまで急がなくてもいい。

G-MONKEYは考え直した。

ブログをまったく更新できていなかった。

 

また記事を溜め込んでしまっては、負の連鎖に陥ってしまう。

 

G-MONKEYはネカフェに入った。

1つだけ記事をエントリーしよう。

 

 

23:00  GIRAFFE osaka

 

 

フロアはすでに熱気を帯びていた。

ミスアダは終電で来るため、1時間ほどソロで声かけを開始する。

この日はバーカンでロングアイランドアイスティーを頼んだ。

いい感じにアルコールが回ってきた。

今日は音楽が心地よい。

 

 

3人目に声をかけた女と和み。

即系の匂い。

お互いに腰に手を回す。

ときおり唇と唇が触れそうなほど近づく。

 

「友達はどっか消えちゃったの?」

 

不意に聞いてみた。

 

「いるよ。」

 

彼女はそう言って後ろを指差した。

長身の男がバーカンにもたれかかっている。

 

どうしよう。一瞬、G-MONKEYは焦った。

そんなとき、ふと高校時代の恩師の記憶が頭をよぎった。

 

 

ー「G-MONKEY、無敵になるためには何をすればいいかわかるか??」

 

「え、いったい何ですか、先生??」

 

「簡単さ、敵を作らなければいいんだ。

 試合で対戦する相手もお前を成長させてく れる同志だ。そう考えたら敵と思わなくな ってこないかい??」

 

「・・・」ー

 

 

無敵の男に、俺はなれるか。

バーカンの男にG-MONKEYは話しかけた。

 

「彼女は友達なんですか??」

 

「職場の先輩なんですよ。」

 

とても柔らかい雰囲気をもった人だった。

年はG-MONKEYの1つ上。

クラブは全くの未経験とのこと。

 

即席でコンビを組んでナンパをすることになった。

とても楽しいひとときだった。

 

男と女の両方から番ゲしてG-MONKEYはGIRAFFEをあとにした。

ミスアダから難波に到着したとの連絡が来ていた。

 

 

1:00  VANITY OSAKA

 

 

ミスアダと合流したあと、GIRAFFEに再入場した。

割引リストバンドを貰うためだ。

しかしGIRAFFEで巻いてもらったバンドはVANITYのスタッフに切り取られてしまった。

戦っているのは自分たちだけではない。

クラブ同士も、競合より少しでも儲けようと必死であった。

 

ゲストをとったため、1ドリンク600円のみで入場。

しかし絶望的に案件が少なかった。

1番ゲだけしてすぐにでた。

 

 

1:30 Ammona

 

Ammonaは相変わらず平日でも人が多い。

サージングをしつつ、声掛けを重ねていく。

 

番ゲはできるが連れ出せない。

もたもたしているうちにフロアの人はどんどん減っていく。

場所を変えよう。

決断したら行動するしかない。

 

 

ずんどう屋で腹ごしらえをする。

最終決戦地のG2で最高のパフォーマンスを発揮するため、

2人はネカフェで仮眠をとった。

 

 

5:15  G2

 

レッドブルウォッカで乾杯を交わし、乗り込んだ。

やはりこの人ごみの中では思うように声掛けができない。

2階で待機することにした。

目の前を通り過ぎる案件に片っ端から声をかける。

 

数組に逆放流を食らったあと、階段を登り退場しようとする2人組を発見。

3秒ルール。ミスアダが間髪入れずに叫ぶ。

 

「みつは!!」

 

オープンした。

ミスアダは時代の流れに敏感な男だった。

 

2人とも相当酒が入っている。

どうする?ミスアダと目があった。

 

この子達と出よう。

 

2対2で和みながら歩く。

距離感はかなり近い。

4人でのカラオケ打診。グダ。

セパをするタイミングが中々つかめず、大通りの淵で座って休むことになってしまった。

ここでもうすこし和むか。

 

G-MONKEYの担当はそっともたれかかってきた。

目が合う。顔が近づく。キス。ノーグダ。

G-MONKEYは可能性を感じ始めていた。

 

「2人きりになりたい。」

 

「えーでも今日は〇〇ちゃんをうちに泊めないといけないから。」

 

「ごらんよ、彼女はミスアダといい感じじゃん。」

 

「俺は君といたいんだ。ホテルに行こう。」

 

「だーめー。」

 

これは形式グダではないのか?でもどうセパする?

手を引っ張っても立とうとしない。

 

G-MONKEYが考えあぐねているときにも、ミスアダは着々と担当を仕上げていた。

 

「俺たち、ちょっとトイレを探してくるよ。」

 

あっさりとセパが決まった。

彼とコンビを組めていることをG-MONKEYは心から誇りに思った。

 

「先にカラオケに入っておこう。」

 

「なんで?ここで待っといたらいいじゃん。」

 

「あそこのジャ〇カラってさ、水曜の朝が一番混むんだよ。仕事終わりのキャバ嬢とかで。」

 

「なにそれ。」

 

なぜだ?2人の心は平行線を描いたまま、一向に交わる気配がない。

彼女は徐々に冷静さを取り戻しつつあった。

 

「ていうかあの2人遅いよね。連絡してみる。」

 

G-MONKEYは彼女を特に止めなかった。バカだった。

 

 

 

しばらくすると、ミスアダと彼の担当案件が返ってきた。

俺たちは合流してしまった。ゲームオーバーだ。

彼女たちを放流した。

 

「ミスアダ、そっちはどうだった。」

 

「ホテルの前まで行ってたんだけどさ、入る直前にG-MONKEYの担当子から電話が来ちゃって。俺の担当子もごめんねって言ってここに戻ってきたよ。」

 

G-MONKEYがあのとき電話を制止していれば、ミスアダは即を決めていたかもしれない。

あとのまつりだった。

 

俺たちPUAはどんなことがあろうとも女よりウイングを優先する。

最高の信頼関係で結ばれている。

 

しかしそれは彼女たちにとっても同様だった。

 

目の前に魅力的な男がいても、友人が困っているならば必ず駆けつける。

その友人を困らせたのはほかでもないG-MONKEYだった。

 

これがコンビナンパが難しいと言われる所以だろうか。

 

 

ふと我に帰った。目の前をおびただしい数のサラリーマンが通り過ぎていく。

 クラブナンパノック3日目が終わりを告げた。

 

 

 

~結果~

 

5番ゲ

1連れ出し

0即

 

 

クラブナンパノックDay2 ~失う覚悟とは~

______________________________________________

 「私が勝者なのは、過去をすぐに忘れ、

    常に未来を考えるからだ。勝つためには

 常に強力なモチベーションを持ち続けることが不可欠だ。

ジョゼ・モウリーニョ

 ______________________________________________

 

クラブナンパノック初日を終え、G-MONKEYは考えあぐねていた。

ミスアダもブーメランこそ回収したものの、グダを崩しきれずに即には至らなかった。

幸先が悪い。何かを変えなくてはならない。

 

何かにすがる思いでG-MONKEYは部屋の片づけを始めた。

あらゆる邪念を取り払うため、生活空間から清めることにした。

 

 

月曜日 21:40  難波

 

昨日の経験より、ピークタイムを見据えて

集合時間を1時間遅らせることにした。

 

G-MONKEYとミスアダ、大きな街の隅っこで小さな2人はコンビニ酒で静かに乾杯をした。

ゲーム開始のゴングが鳴った。

 

 

22:00 GIRAFFE osaka

 

フロアは既にたくさんの人で埋まっていた。

初日の反省をいかし、2人は間髪入れずに声掛けを開始した。

ただし音楽にノることを忘れずに。

ここはストリートではない。すなわちルールが存在する。

音とお酒を楽しむこと。

ルールに則したナンパを心がけた。

 

24:00

 

2人組の案件と和み。

G-MONKEYの担当は元夜職。

即系と判断できなくもない。

なによりパーソナルスペースがかなり近い。

 

ミスアダも担当とかなり和んでいる。

2人の目が合った。この子たちを連れ出そう。

連れ出し打診はすんなり承諾された。

 

「俺たちちょっとコンビニで買い物してくる。」

 

ミスアダの一声でセパ完了。

彼なら必ず即るだろう。G-MONKEYは確信していた。

 

G-MONKEYの担当は即るにはまだ食いつきが足りない。

Ammonaに行こうと彼女が言った。

ここでさらに和んで仕掛けよう。G-MONKEYは提案を承諾した。

 

 

1:00  Ammona

 

まだピークタイムではなかった。

バーカンでお酒を貰い、乾杯。話の続きをする。

 

だんだん話のネタが尽きてくる。まずい。

G-MONKEYはクラブトークが苦手だった。

爆音が響き渡るクラブ内では、シンプルかつ分かりやすい言葉でキャッチボールを続けなければならない。

しかしG-MONKEYは繊細な表現を使う癖があった。

結果、渾身のボケも通じずに終わることが多かった。

 

彼女は踊りたいという。しかしG-MONKEYは少し疲れていた。

温度差が大きくなっていく。

手を打つなら今しかない。

 

「ねえ、ここから出よう。俺、思ったより疲れてたよ。何かクラブの気分じゃない。」

 

「えー、何でよ。今から盛り上がるとこじゃない。」

 

「ごめん。俺はもうここにいても楽しめない。」

 

「そんなあ、、」

 

渋々と彼女は出ることを承諾してくれた。

ミスアダからLINEが来ていた。

ホテルに入ったそうだ。さすがだ。

彼は才能に満ち溢れたプレイヤーだ。

 

G-MONKEYもそれに続かなければならない。

今夜、2人のPUAはコンビ即を決めるんだ。

 

 

2:00

 

Ammonaを出てからG-MONKEYは彼女を連れて南側へと歩いた。

GIRAFFEを出た時より彼女からのIOIは少なくなっている。

しかしここで決めるしかない。歩きながら、脳内であらゆるグダ崩しをイメージした。

 

千日前通りまで来た。

 

「ねえ、私達どこにむかっているの?他のクラブに行きましょう。」

 

「俺は今日はクラブに行っても楽しめないよ。でも君とは一緒にいたい。ホテルで休もう。」

 

遠回しな表現は使わず、ストレートな言葉で打診した。

 

「何言ってるの?私達付き合ってないじゃない。

 ホテルに行っても寝るだけだよ?ヤらないよ?」

 

想定通りのグダが返ってきた。

 

価値観洗脳ルーティーンで切り返す。

価値観を共有するのではなく、相手に植え付ける。

 

俺は付き合うのとセックスとの順番にこだわったことがない。

でもそれで後悔したことは1度もない。

自分は正しいと思っている。と。

 

「私もG-MONKEYのこと良いと思ってるけど今日はそんな気分じゃない。

やっぱりクラブで遊びたい。ねえ、一緒にもどろ?」

 

ルーティーンはうまく機能しなかった。

 

ーPUAは常に失う覚悟を持てー

 

G-MONKEYの脳内でこだました。

彼は賭けにでた。

 

「じゃあこうしよう。君が何と言おうと俺はホテルの方向へ歩く。

 あとは君に任せるよ。クラブに戻りたいなら逆方向に歩きだせばいい。

 俺は君と一緒にいたい気持ちは確かだ。でもその場所はクラブじゃない。」

 

彼女からのIOIが

復活しつつある中での決断であった。

 

1人にしないで、と彼女は言う。

G-MONKEYは構わずに歩き始めた。

 

PUAとして絶対に後ろを振り返ってはならない。

本気で立ち去ろうとしなければならない。

もうすぐで彼女は呼び止めに来るだろう。

そうすればゲームの勝利に大きく近づく。

 

 

G-MONKEYを呼び止める者は誰もいなかった。

別れた地点からかなりの距離を歩いたとこで、

G-MONKEYはそっと振り返った。

彼女はどこにもいなかった。

 

自分の判断は正しかったのだろうか?

G2へ向かう途中、G-MONKEYはずっと考えていた。

ホテル打診自体は1度は通っていた。

ホテルに入ってからグダを崩していくべきだったのだろうか。

 

彼は失う覚悟を持ちきれてはいなかった。

 

 

3:30  G2

 

まだ人はほとんどいなかった。

フロアが盛り上がるまでの間、asapenさんのクラナンノックの記事を読んだ。

【7日間連続】六本木のクラブナンパ連続ノックに挑戦してみる | 六本木でナンパしながら起業する

良いイメージを必死で頭に描いた。

 

 

4:30

 

そろそろいくぞ。G-MONKEYの足が動き出した。

ミスアダからLINEが来ていた。

リーセグダを崩して即を決めたそうだ。

負けてられない。

 

心斎橋1といっても過言ではないほどの爆音がフロアを包み込む。

 

ここではトーク内容などよりも見た目のスペック、振る舞いがものをいう。

G-MONKEYにないスキルを磨くにはうってつけの場所だった。

 

体を揺らしながら声をかける。

ミリオンダラースマイル、オーバージェスチャーを意識。

しかしあまりささらない。

 

 

6:20

 

G-MONKEYは心を折られていた。

一刻も早くここからでたい。家に帰りたい。

気が付くとフロントを通り過ぎ、退場していた。

 

 

クラブナンパノック2日目

 

ゲーム終了の鐘が鳴った。

 

 

結果

4番ゲ

1連れ出し

0即